スポーツブラをつける

胸の形を綺麗に保つ

胸を測る人

ダイエットをすると、胸から痩せていくと悩む人は多いようです。せっかく痩せても、女性らしいボディラインを保てないと、洋服も綺麗に着こなすことはできません。では胸のサイズを落とさずにダイエットをするには、どのようなことに気をつければよいのでしょう。まず、胸のサイズを落とさずダイエットするには、胸を揺らさないようにすることが大切です。胸は揺れると脂肪が燃焼し、サイズダウンしてしまいます。そのため、ジョギングやランニングなど、胸が揺れる運動は控え、ヨガやストレッチなど、穏やかな動きの有酸素運動をするのがおすすめです。また、エクササイズ系のダイエットをするときは、普通のブラではなく、スポーツブラを着用することも大切です。スポーツブラは、胸を揺れにくくする構造になっているため、サイズダウンを防げるほか、クーパー靭帯が切れるのも防げます。しかし、着用する際には、自分の胸のサイズに合っているもの選ぶことが重要となります。なぜなら、サイズが合っていないものを着用することで、胸の形が崩れてしまう恐れがあるからです。そのような事態を防ぐためにも、胸のサイズを把握しておくとよいでしょう。万が一サイズがわからないという人は、下着を販売しているお店に行ってスタッフに測ってもらうのが得策です。また、どのようなものを選んだらよいか迷った場合でも、きちんとスタッフがアドバイスをしてくれるため、聞いてみるとよいでしょう。

マッサージや運動の重要性

胸を測る人

大きなサイズのバストに憧れる女性は多いですが、必ずしもサイズが大きいからといって利点が多いわけではありません。胸を大きくしたいという女性が多いのと同様に、胸を小さくしたいという願いを持っている人も意外と多くいるのです。胸の谷間を大きく見せるブラジャーが人気があるのと同じように、小さく見せるブラジャーも高い人気があるのです。バストサイズを小さくするための方法は、基本的には、バストサイズを大きくするためにすることの反対をすればOKです。最も一般的な方法はマッサージですが、バストを大きくするためには脇や胸の周囲の肉を引き寄せるようにするのに対して、バストを小さくするためには中心から外へ外へと肉を追い出すようにマッサージします。バストは基本的には脂肪でできていますので、その脂肪を周囲に動かすことによってバストを小さくすることができるのです。また、運動することも大切です。ランニングやウィーキング、縄跳びなどを行って、身体全体の脂肪を減らすことによって、最終的には胸の肉も減らすことができるのです。このようにバストを小さくするには、様々な方法があるため、一度試してみるとよいでしょう。また、バストが小さくなっても綺麗な形は保ちたいと思うものです。特に寝ている時には、形がくずれやすくなる可能性もあるため、ナイトブラを着用して寝るのがおすすめです。ナイトブラを着用することで、バストの形を崩さずに済むため、綺麗な状態を維持できます。

アンダーとトップの差

胸部測定

女性用の衣類の中には、胸にフィットするように作られているものもあります。ブラジャーや水着はその最たるものですが、この他にもキャミソールやナイトドレスなども、胸の膨らみにピッタリと合うように作られていることがあるのです。こういった衣類を美しく着こなすためには、購入前に胸のサイズを確認しておくことが肝心です。特に重要とされているのはアンダーバストのサイズで、これが合っていなければ、着用すること自体が困難となるのです。また、適切なカップ数の衣類を選ぶために、トップバストのサイズも正確に測っておく必要があります。カップ数が小さすぎると、着用時に胸の一部がはみ出てしまうことがありますし、逆に大きすぎると、他人に隙間から胸を覗かれるリスクが高くなるからです。つまりトップバストサイズの確認は、心地よい着用感のためにもモラルのためにも大事なことと言えるのです。具体的には、アンダーバストとトップバストのサイズの差が約10センチある場合はAカップ、約12.5センチという場合はBカップが適しています。このように2.5センチの差で1段階という割合で、カップ数は増えていくのです。また胸にフィットする衣類の中には、カップ内にハーフパッドなどを入れることができるものもあります。この場合、成長によってサイズアップしたり、ダイエットによってサイズダウンした場合でも、パッドの出し入れでカップ数を微調整することができます。