組み合わせ方で綺麗になる

ヘルシーな印象に

足元

女性らしいファッションアイテムの代表格とも言えるミニスカートですが、露出が多い分、コーディネート次第で与える印象が大きく変わります。ヒールのあるパンプスなどと合わせれば、脚を長く見せる効果があり、セクシーな印象になります。また、露出の多いサンダルと合わせると、元気で若々しい印象になります。そして、足元にあえてスニーカーを合わせてはずし、ヘルシーさやこなれ感を演出するコーディネートも流行です。女性らしくセクシーな印象を与えがちなミニスカートを、健康的にヘルシーな印象で、カジュアルダウンさせることができます。ミニスカートにスニーカーを合わせる場合には、まず、ハイカットのものを合わせると、露出を減らし、コーディネート全体の印象を大きく変えることができます。また、ごつめのタイプのスニーカーも、大きく印象が変わります。ごつめのスニーカーは、足元が重たい印象になりやすいため、ミニスカートやショートパンツなどですっきりと脚を見せると、バランスが取れやすくなります。もちろん、普通の形のスニーカーとの相性も良いです。スニーカーは、タイツや靴下などとの相性も良いため、露出を調整することができます。さらにはそれでバランスを取り、より脚のラインを綺麗に見せることも可能です。スニーカーはいわゆるぺたんこ靴なため、普段パンプスやサンダルなどと合わせることが多い人は、足が短く見えてしまいそうで不安に思うかもしれません。そんな時は、ハイカットやごつめのスニーカーよりも、スリッポンのような、ローカットなデザインの方が足の露出が少しあるため、バランスが取りやすいでしょう。

必須の着丈チェック

レディ

ミニスカートを綺麗に履きこなすポイントは、着丈と体のバランスにあります。ミニスカートに分類されるスカートでも、実際の着丈は様々です。着丈が1センチ違うと、身につけた時の雰囲気は大分変わりますので、ネット通販などを利用する時に、常に意識しておきたいのがスカートの長さです。着丈は、商品の説明欄で紹介されていることがほとんどです。ミニスカートの場合は、ウエストから裾までの長さが着丈に当たります。表示されている長さを元に、メジャーなどを使用して体に合わせてみると、身につけた時のイメージが湧いてきます。裾のラインによって若干雰囲気が変わることから、デザインの影響で生じる誤差も考慮しておくのがベストです。フレアーやプリーツのミニスカートは、やや短めでもある程度足を隠す効果が得られます。裾の揺れ幅があるため、かなり短い着丈でも露出の多さがカムフラージュされます。従って、デザイン次第ではいつもより少し短めのミニスカートを選ぶことが可能です。ウエストや着丈をきちんと確認しておけば、ネット通販で商品が届いた時にギャップを感じるリスクが減ります。モデルが着用している商品なら、身につけた時のラインを、画像で観察することが出来ます。デザインだけで選ばないことが、ネット通販でミニスカートを購入する時の注意点です。リーズナブルなミニスカートでも、体にベストフィットしている場合は、十分魅力的なスタイルが完成します。

今でも人気がある

マネキン

ミニスカートは女性らしさを最大限に引き出してくれるアイテムだと言えます。そのため町を歩いていても、多くの女性がミニスカートを履いておりそれを疑問に思う人は少ないと言えます。しかし昔は社会的に強制された女性らしさから抜け出すことを目的として履いていたという歴史もあります。世界で最初にミニスカートを履いた人はイギリス人だと言われています。ミニスカートはジバンシーのサックドレスを変化させたものが起源であり、ロンドンのチェルシーガールから自然に生まれました。ファッションの流行に敏感なチェルシーガースは、当時ストリートファッションの代表的なスタイルとしてミニスカートを取り入れていました。つまりミニスカートは身体を服で覆い隠す文化が主流であった当時の社会的価値観を壊すことで、新しい価値観を社会に浸透させるきっかけになりました。その後、1965年にフランスのアンドレ・クレージュがオートクチュールとしてミニスカートを発表したことで世界的に大流行しました。さらに日本では1967年にイギリス人モデルのツィッギーが、最先端のファッションであるミニスカート姿で記者会見に登場しました。ツィッギーの細身な身体にはミニスカートがよく似合い、その姿を見た多くの女性の間でミニスカートが大流行しました。そして1968年にはマイクロミニと呼ばれる膝上30センチのスカートも登場しました。このようにファッションは時代を映す鏡だと言えます。